ドッグフードの密閉容器

小分けをして、肥満防止に

ドッグフードを密閉容器で保存すると、小分けが出来るようになります。
小分けをすることで、一週間分の量をあらかじめ計算して保管することが出来るのでカロリー計算にもつながり、結果として肥満防止にもなるのです。
また、容器で小分けに保存することでドッグフード特有の匂いが気にならなくなります。
中にはオシャレな密閉容器もありますので、ドッグフードを気兼ねなく部屋の中で保管することも出来るのです。

酸化を防ぎ、健康と味を保つことが出来る

密閉容器で保存することで、酸化を防ぐことが出来ます。
ドッグフードは開封したその日から酸化が始まり、味が悪くなっていきます。
そのため、犬によっては酸化を見抜いて食いつきが悪くなってしまうのです。
更に酸化したドッグフードは体内で活性酸素を増大させ、細胞を破壊してしまうため老化が進んでしまう原因になります。
また、酸化したドッグフードは発がん性を孕んでいるため健康にもよくないのです。
ですので、酸化を防ぐ密閉容器によって犬の健康を守る必要があるのです。

ダニの発生を防ぐ

密閉容器を使うことで、ダニの発生を防ぐことが出来ます。
米などに発生する貯蔵ダニはドライドッグフードにも発生します。
ダニは犬にとってもアレルギーの原因になるため、ドッグフードの保存方法を見ると「日陰で、気温の低い冷暗所」と書かれています。
しかし、夏になると冷暗所であっても気温や湿度が上がってしまい、ダニの発生に繋がるのです。
ですので、密閉された容器でドッグフードを保存しておく必要があるのです。

無添加のドッグフードにおすすめ

無添加のドッグフードは、密閉容器で保存するとよいです。
なぜなら、保存料すら使われていない無添加のドッグフードは痛みやすく、ダニなども発生しやすいからです。
特に真空保存が出来る密閉容器で保存すると、無添加のドッグフードであっても長期にわたって保存することが可能です。