穀物不使用のドッグフードとは

グレインフリーとグルテンフリー

穀物不使用のドッグフードは「グレインフリー」や「グルテンフリー」といわれています。
グレインフリーは、穀物類が一切使われていないことを意味します。
一方のグルテンフリーは、穀物から取れるたんぱく質が一切使われていないという意味です。
これだけを見ると、どちらも意味は同じように見えます。
しかし、実はグルテンフリーは穀物から取れるたんぱく質が入っていないというだけで、穀物がまったく入っていないという意味ではありません。
なので、犬には不要な糖質が含まれている物もあります。
ですので、グレインフリーのドッグフードを選ぶと良いでしょう。

動物性たんぱく質の比率が大きい

穀物不使用のドッグフードは、自然と動物性たんぱく質の比率が大きくなります。
そもそも、なぜ犬に殆ど必要の無い穀物がドッグフードに使われているのかといいますと、かさ増しの為です。
穀物を加えることでより安価で、よりたくさん作れるため安いドッグフードは穀物が多く含まれています。
しかし、穀物は犬にとっては消化しづらいため消化不良の原因になってしまうのです。
しかし、穀物不使用のドッグフードは動物性たんぱく質の割合が大きいので犬の健康にも良いのです。

アレルギーの防止になる

穀物不使用のドッグフードはアレルギーの防止にも役立ちます。
先ほども申しましたように犬にとって穀物は消化し辛く、不要な物です。
更に、穀物は食物の中でもアレルギーに成りやすい食品です。
ですので、穀物の消化が難しい犬の場合は体内に穀物が長時間残る事になり、人間以上にアレルギーのリスクが高まるのです。

内臓への負担が少ない

穀物不使用のドッグフードは、内臓への負担が少ないです。
犬の内臓は、肉の消化に特化しています。
ですので穀物不使用のドッグフードは消化不良や便秘の防止や改善に役立ちます。
内臓の健康は老犬になったときの食欲の有無にも直結する問題なので、穀物不使用のドッグフードは将来の健康にも貢献してくれるといえます。