便秘改善ドッグフード

グレインフリーのドッグフード

グレインフリーのドッグフードは、便秘の改善に役立ちます。
なぜならば、犬は元々肉食動物であるため、植物を消化しづらい内臓をしているからです。
穀物が含まれているドッグフードを与えた場合、穀物の殆どが消化されません。
消化されない場合はそのまま排泄されるか、宿便として体内に残ってしまうのです。
この宿便が溜まりすぎると、便秘の原因になってしまうのです。
ですので、便秘でお悩みの場合はグレインフリーのドッグフードに切り替えると効果的なのです。

食物繊維の多いドッグフード

人間と同じく、食物繊維は犬にとっても便秘対策になります。
食物繊維は便の排泄を促す大切な栄養素です。
しかし、食物繊維は野菜に含まれているものなので与えすぎると内蔵への負担が大きくなります。
ですので、ビスケットなどのオヤツとして与える物に食物繊維が多く含まれている物を選ぶと良いでしょう。

オヤツに乳酸菌の含んだドッグフードを与えてみる

乳酸菌も、便秘を改善してくれます。
乳酸菌は腸内にいる善玉菌のエサとなるため、乳酸菌を摂ると善玉菌が増えて便秘を改善してくれます。
乳酸菌を摂取するためには、例えばチーズのドッグフードを与えると良いでしょう。
あるいはパルメザンチーズや、ヨーグルトをドッグフードに加えて与えるという方法もあります。
犬は乳製品が大好きなのでかなり食いつきが良いですが、与えすぎると今度は下痢の原因になるので、量を調整して与えると良いでしょう。

レトルトタイプのドッグフード

レトルトタイプのフードに切り替えると、便秘が改善される事もあります。
便秘の原因の一つに、「水分摂取量が不十分」という物があります。
便は、水分が少ないと硬くなってしまい排泄しづらくなってしまうのです。
かといっても、犬に水を無理やり飲ますことなんて出来ませんよね。
ですので、水分を多く含んでいるレトルトタイプのドッグフードに切り替えると便秘改善に繋がる場合があるのです。