ドッグフード選びの基準とは

犬種に適しているか

もっとも最初に知っておくべきなのが、自分の愛犬に適したドッグフードは何なのかということです。
コレが一番の基準になります。
例えば、顎の力が弱いチワワのような小型犬に硬いドライドッグフードは合いません。
噛み砕くことが出来ないので殆ど丸呑みしてしまい、必要な栄養が吸収できないのです。
なので、チワワにはレトルトタイプやセミドライを選ぶべきです。
このように犬種によって適したドッグフードが異なるので、先ずはどのタイプのドッグフードが自分の愛犬に合っているのかを基準にしましょう。

添加物の有無を見る

そして次に見るのが、添加物の有無です。
何故かといいますと、添加物はアレルギーだけでなく重篤な病の原因になることもあるからです。
安いドッグフードに常用されている物の中でも代表的なのが「亜硝酸ナトリウム」です。
コレは肉っぽさを出すために赤い色の着色料として使われています。
この亜硝酸ナトリウムは、動物性たんぱく質が分解されたときに出来る「アミン」に反応します。
その結果、「発がん性物質」が生まれるのです。
この亜硝酸ナトリウムは現在でもジャーキーのようなオヤツに至るまで使われておりますので、表示を見て入っていた場合は選ばないほうが良いでしょう。

年齢に合ったものを選ぶ

また、年齢に合ったものを選ぶのも重要です。
例えば老犬は、食事量や水分摂取量が少なくなりがちです。
ですので、一食で必要な栄養を摂取しつつ水分も同時に得られるレトルトタイプや、肉の比率が大きいセミドライタイプの物を選ぶべきです。
なぜなら、これらは少ない食事量でなるべく多くのカロリーを摂取できるからです。
そして成犬になりたての、一歳の大型犬には肉の比率が高い高たんぱくのドライドッグフードを選びましょう。
たんぱく質を摂取することで筋肉や骨格を作り、硬いドライタイプを与えることで顎や歯を育てていく必要があるからです。
このように、犬種だけでなく年齢を基準にして選ぶことも重要なのです。

コストパフォーマンスと安全性の釣り合い

コストパフォーマンスと安全性が釣り合っているか、ということも基準になります。
まったく同じブランドのドッグフードであっても、ネットで購入したほうが安いという事が多々あります。
しかし、実際に届いてみると期限ギリギリだったという話も少なくありません。
ですので、例えばネットで購入するのであれば他者のレビューを確認するなどして安全性を確保してから購入しましょう。