フードは年齢に応じて変える

年齢によってドッグフードのタイプを変えていく

犬の成長度合いによってドッグフードのタイプを変えていく必要があります。
何故かと言いますと、それは顎や歯の成長によっては食べられないタイプがあるからです。
例えば幼犬に硬いドライドッグフードを与えると、顎の力が弱く歯も成長しきっていないため噛み砕くことが出来ずに丸呑みしてしまいます。
すると、消化不良や下痢の原因になり健康によくありません。
同じことが一部の老犬にも言えます。
力が弱くなり内臓機能も低下している老犬に硬いドッグフードは食べ辛いのです。
ですので、幼犬や老犬にはレトルトタイプやセミドライタイプが向いています。
逆に一歳を向かえ成犬になった時にはドライドッグフードを与えて、顎や歯を鍛えてあげましょう。

いきなり変えると、犬が拒否する

しかし、いきなり変えてしまうと犬が拒否することがあります。
とくに一歳になったばかりの犬は精神的にもまだ幼いため、ドッグフードがいきなり変わると口にしないことがあります。
ですので、少しずつ変えていくことが重要です。
レトルトを与えていたのであれば、レトルトと水でふやかしたドライドッグフードを混ぜて与えていったり、セミドライからドライタイプに変える場合は少しずつ混ぜて与えたりと、徐々に変えて慣らしていくと最終的には食べてくれるようになります。

必要な栄養素が年齢によって異なる

年齢によって必要な栄養素が異なってくるため、ドッグフードを変える必要があります。
幼犬~成犬の場合は骨格や筋肉を育てる必要があるため、高たんぱくなドッグフードが必要になります。
老犬になると、それに加えて「カロリー」も重要になってくるのです。
何故かと言いますと、老犬になると内臓機能が低下し、人間と同じように食が細くなります。
ですので一日に必要なカロリーを摂取できなくなってしまうのです。
ですので、高カロリーなドッグフードに変えて少量でも一日分のカロリーを摂取できるようにしてあげる必要があるのです。

手作りドッグフードも、年齢によって仕様を変える

手作りドッグフードも、年齢によって変えてあげる必要があります。
どのようにして変えるのかといいますと、カットする大きさです。
例えばササミを使った場合、幼犬や老犬に与える際はフードプロセッサーで細かくして与えてあげましょう。
そうすることで、消化がしやすくなるのです。
成犬になれば、一口大にカットして与えても問題ありませんし、それに加えてジャーキーを与え、歯や顎を鍛えることも重要になります。