野菜だけのドッグフード

便秘解消に効果がある

野菜だけのドッグフードは、便秘に効果があります。
野菜には水溶性の食物繊維が豊富なので、排便を促してくれるからです。
犬は本来、肉食なので野菜を摂取する必要はありません。
ですが例えば犬を散歩しているときに、文字通り「道草を食う」姿を見た人は多いはずです。
実は、ああすることで食物繊維を摂取し、腸内を刺激して便秘を防いでいたのです。
だからといって道端の雑草を食べることを推奨は出来ませんよね。
ですので、野菜だけのドッグフードをその代替として食べてもらうと良いのです。

野菜だけと聞くと、体によさそうな気がするが?

野菜だけのドッグフードの中にも、なるべく避けたほうが良いものもあります。
先ずは穀物が多く含まれている物です。
犬は穀物を吸収することが出来ず、そのまま排泄してしまいます。
しかし中には、宿便として体内に残ってしまう物もあるため便秘の原因にもなるのです。
また「大豆ミール」を含んだドッグフードも避けたほうが良いです。
大豆ミールとは、豆腐をつくった際に出てくる絞りかすのことです。
コレだけを聞くと「おから」と勘違いしてしまう人もいますが、大豆ミールはいわゆる豆乳すらも絞りきられてしまった物で、繊維以外は何の栄養も残っていないのです。
更に、犬にとってはこの繊維は消化することは大変難しいため内臓への負担も大きくなります。
なので、大豆ミールが含まれている野菜だけのドッグフードは避けたほうが良いのです。

消化酵素が多く含まれている

野菜には、たんぱく質を分解する消化酵素「ペプシン」が含まれています。
代表的なのが、「キャベツ」です。
キャベツは世界中でも食べられており、犬にとっても身近な野菜の一つです。
ですので、野菜だけのドッグフードの多くにキャベツが含まれています。
消化酵素を取り入れることで胃の活動を促進させ、体内を健康にしてくれるのです。

野菜だけのドッグフードは健康に良いですが、それだけを毎日犬に与えるというのも酷です。
ですので、日ごろから与えているドッグフードに混ぜて使うのが良いです。
そうすることで野菜に含まれた食物繊維や酵素を、無理なく取り入れることが出来ます。