フードにヨーグルトをプラス

腸内環境が整えられる

ヨーグルトを犬に与えると、腸内環境の改善に繋がります。
何故かと言いますと、犬の腸内も人間と同じように「善玉菌」が存在するからです。
この善玉菌を増やすと腸内環境が良くなるわけですが、増やすのに役立つのがヨーグルトに含まれている乳酸菌です。
乳酸菌は摂取すると、胃酸によって殆どが死にます。
この乳酸菌の死体を食べるのが「善玉菌」なのです。
言ってみれば、乳酸菌は善玉菌にとってのエサで、そのエサが豊富になると善玉菌が増えいくのです。

ドッグフードの食いつきが良くなり、薬も気づかず食べる

犬は乳製品を好んで食すため、ドッグフードと一緒に与えると食いつきが良くなります。
ですので、普段からあまり食べない犬に与えると良いです。
しかしもっとも活躍するのが、薬を与えるときです。
ドッグフードに混ぜただけではなかなか食べてくれないのですが、ヨーグルトと一緒ですとスムーズに食べてくれます。
ヨーグルトは殆ど液体なので粉薬であれば溶けやすく、玉薬りであればコーティングされやすいので気づかずに食べてしまうのです。

消化酵素の働きで、消化不良や口内病防止

ヨーグルトは消化酵素を多く含んでいるため、消化不良を防止することが出来ます。
消化不良が起こってしまうと、人間と同じように胃の中で食べた物が残ってしまうため口臭の原因にもなります。
そして、この消化酵素は唾液の働きも活発にしてくれるため虫歯の予防にもなります。
歯は人間と同じく老化によって衰えていくため、ヨーグルトの摂取は犬の今後の健康を考えると重要な食品といえます。

与える前に、アレルギーテストを

乳製品であるヨーグルトも、アレルギー反応が出てしまうことがあります。
一般的に、ヨーグルトは牛乳アレルギーであっても食すことが出来るといわれています。
これは、牛乳が発酵する事によって抗原性が変質するからです。
しかし、発酵しているといっても牛乳アレルゲンは僅かながら残ってしまいます。
ですので、与える前にアレルギーの有無を確認しておく必要があるのです。